オスカーBLOG

2014年5月11日 日曜日

春日市 福岡市 南区 井尻 交通事故治療 むちうち治療 土日あいてます 夜遅く迄あいてます




和太鼓の音。

和太鼓の音って人間が一番最初に感じる音、お母さんのお腹の中にいる時の

「心臓の鼓動」

に近いそうです。

太鼓の団体が、緊張しながらのステージを無事に終え、片付けをしている所に、お母さんと車椅子に乗っている小学生の子供が来たそうです。

よく見ると、そのお母さんは泣いていました。

途切れ途切れの言葉で、大粒の涙を流しながら、こう言ったそうです。

「この子は、障害を持って生まれてきました。
生まれてから十何年間、一度も笑った事が無かったんです。それが、今日の、太鼓のステージを聴きながら、リズムに一生懸命合わせ、手を叩き、笑っていたんです。初めて、この子の笑った顔を見る事が出来ました。本当に、ありがとうございました。」

太鼓ってスゲー!

高校生の太鼓部の生徒達を連れて、人里離れた老人ホームで、爺ちゃん婆ちゃん達に聴いてもらう。

正直、ほとんどの家族が面会に来ない方も多いそうで、爺ちゃん婆ちゃん達が涙を流して喜んでくれるそうです。

「来年も来てね。あなた達が、来年も来てくれるなら、もう一年、頑張って生きるから。」って。

普段はツッパっている生徒達も眼に涙を溜めてました。

そんな言葉を頂いた高校生達は、「何の為に」が明確になるそうです。

頑張ったら頑張っただけ、涙を流して喜んでくれる人がいる!

仕事も

勉強も

スポーツも

頑張った分、人にも喜んでもらえるんだぜ!



pic20140511183700_1.jpg

カレンダー

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30